大丈夫でしょうか 【2020.7.10.】

みなさまのところの状況はいかがでしょうか。これからまたひどい雨になります。心配ですね。

幼稚園はいくぶん高いところにあるので水害のおそれはないと思いますが、なにしろ「今までにない」ことが起こっていますので一層の注意をしなければなりません。

すでに甚大な被害を受けている方々、また、この厳しい中で復興に励んでおられる方々を思うにつけ、これ以上の災害にならないように祈るばかりです。

コロナ禍の最中にこの豪雨。自然環境のバランスが崩れて地球も必死なのではないかと思ったりもします。

今年度の子どもたちは、例年のようには十分な保育も受けられずに、わたしたち園の職員も残念に思っています。

ただ、この子たちは、今までのどんな子よりも強く、たくましく育ってくれるのではないかと期待もしています。

子どもたちの力は「安心」という土台の上に築かれていきます。「親」がいるから安心、守ってくれる人がいるから安心、自分を大切に愛してくれている人がいるから安心。この安心から強い心と体が育っていきます。困難を乗り越える力をつけていくでしょう。

あってほしくはない昨今の状況ですが、このような困難な状況にあっても人間は強く生きていけるでしょう。ただし、それは「支える存在」があってのことだと思います。

どうかご無事でありますように。そして、子どもたちがこの困難の中にあっても「守ってくれる強い存在」を体験し、子どもたち自身も強く育っていきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA