ウイルス感染対策と熱中症対策を【2020.6.24.】

酷暑が続いています。今夜から雨の予報で少しは暑さは安らぐでしょう。引き続きウイルス感染対策を、さらには熱中症対策を続けなければなりません。これからは雨の日が続くようですが、水害にも気をつけないといけません。緊張感が続きます。命を守るために気を抜かないようにしましょう。いろいろと対策を講じないといけませんが、そのうちに生活習慣になっていくことを願っています。

幼児期は生きる力を養う大切な時期です。いろんなことが自分でできるように訓練を積む時期です。うまく導いてあげれば、子どもたちは努力し、達成感を味わい、それが前へ進む原動力になります。

幸いこの時期の子どもたちは成長しようとするエネルギーに満ちており、いろんなことを自分でできるように頑張ることができます。そして、それが、すべて生きる力の源になります。身体を使うことが脳の発達と密接につながっています。子どもたちはいろんなことに挑戦します。そして、できるようになって、それが自信になり、自分でもっともっとと前に進み、成長していきます。

わたしたち大人にできることは、そのような環境を整え、励ますことでしょう。幼児期にはとくに自然や本物に触れることが大切です。スマホなどはバーチャルな世界なので、あまりお勧めできません。スマホなどバーチャル(仮想)の世界では子どもはあまり成長できないと、わたしは日頃から思っています。子どもは葉っぱ一枚、石ころ一個ででも遊ぶことができます。そのような時、子どもの世界は限りなく拡がっています。宇宙の中の自分を意識しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA