月別アーカイブ: 2020年4月

「今」のときを大切に[2020.4.29.]

 わたしたちは今、人類の歴史の大きな分岐点もしくは大きな変化の中にいます。決しておおげさなことではありません。子どもとのかかわりや子どもの成長を考えるとき、「今」はとても大事な時だと思います。ウイルスの感染が終焉に向かったとき、わたしたちは新しい出発をするはずです。それは決して「後退」することではなく、大きく「前進」する時なのです。

 わたしたちは大きな問題や課題をかかえ、解決できずにいました。子どもの成長について言えば、このままではいけない、と思うことも多々ありました。過度な競争心や物に頼る物質主義や経済至上主義の中で子どもたちは育ち、人間としてのやさしさやおもいやりの心がよく育っていかなかったと思います。やさしい子どもやおもいやりの心を持った子どもたち(大人も同じ)が評価されず、そのような子どもたち(大人も同じ)は脇にやられ、悩んだり引きこもることを余儀なくされていきました。  

 ウイルス感染禍の前の時代に戻ろうとすれば、それだけストレスがたまり、決していい時代とはいうことのできない時に戻り、わたしたちの悩みはより大きくなるでしょう。 戻るのではなく、前に進むことを考えましょう。

 学校では、課題や達成目標がはっきりしていて、それを実行できないことが心配されています。 人はまずは(幼児期)親から教育(しつけ)を受けていました。親は子どもが生きる力を身につけることを大切にし、その智恵を伝えていました。「生きる力」はかならずしも知識を身につけることではないと思います。人間のいのちに敬意を払い、その成長の過程を畏敬の念をもって受け止め、手助けをする役割をわたしたち大人は担っています。

いい時代を作る準備を今のうちにしておきたいものです。

  金星が輝いていました[2020.4.28.]

子どもたちの手を見てください[2020.4.27.]

指に注目!
集中している様子が伝わってきます
この手、指…子どものものとは思えない!
節分の豆まきの後でピーナッツを食べようとしている
床に落ちたご飯粒を拾っているところ

もっともっと見ていただきたい。わたしは子どもの、特に手を見ることが好きです。感動するから。運動はなにもスポーツをすることだけではありません。すべての「動き」が運動です。子どもは身体のあらゆる部分を使いながら成長していきます。運動することで神経細胞がより堅固に、ふさわしく繋がっていき、自分の思うように動かすことができるようになります。随意筋が成長していくのです。たとえば、指や手。複雑な動きをすることができます。それは驚異的なことです。つまむ、にぎる、おす、ひく、ひっぱる、ひねる、ねじる、まわす、なでる…。このような複雑な動きができるようになります。スマホやタブレットを扱って子どもたちは喜んでいるように見えますが、心底ではけっして満足していません。大人にはそのように見えるかも知れませんが…。指の動作としては、軽く押して、撫でるだけ。まだまだいろんな動きができるのに、このままでは人は退化していきます。見える画像もバーチャル(仮想)なもので本物ではありません。色も形も「電子化」されたものです。本物に実際に触れたり、見たりすることでスマホの仮想物より何千倍もの情報を得ることができるのです。いや、何億倍かも知れません。今のこの時期、自然に触れてみませんか。自然が人間を育てます。

葉っぱ一枚でも[2020.4.27.]

子どもたちは遊びの天才です。葉っぱ一枚でも夢中になって遊ぶことができます。人は自然の一部、自然の中で生きていて、そして育っていきます。自然には人を癒し、育てる力があります。人が作った人工的なものとは比較になりません。この時期、ぞんぶんに自然と触れ合ってはいかがでしょうか。バーチャルなスマホの世界では子どもたちは満足しません。「本物」に触れることです。自然や本物は人を心豊かにしてくれます。

貴重なマスクをいただきました[2020.4.27.]

4月26日の西日本新聞朝刊に掲載されましたが、4月23日(木)に子どもたちと職員に貴重なマスクをいただきました。小郡市消防団の女性消防団員有志の皆さんの手作りマスクです。かわいい小さなマスク。ひとつひとつに心のこもった贈り物をありがとうございました。本日、子どもたちに郵送しました。みんなが元気に幼稚園に集まる日が早く来ますように。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「世界の中」にいる感覚[2020.4.24.]

子どもたちは園に来ると挨拶をし、手を消毒して身支度をととのえ、グランドに出て走り、その後、部屋に入って「お仕事」をします。ある程度時間が経つと「おはじまり」を各クラスで始めます。A(年長)・B(年中)・C(年少)のお当番さんが進めていきます。毎朝お祈りをします。その中の一つのお祈りです。すばらしい自然、いのちを与えてくだっさった神さまをお父さんと呼び、世界中のみんなのしあわせを祈ります。子どもたちは生まれたときから「世界」を全身で感じ取っています。それから、その世界の中の自分に次第に気づきながら、世界、自然との関わりの中で「自分」を確立し、自立していきます。自然とのふれあいは人にとって、人の成長にとって欠くことのできない関係なのです。

おいのり

かみさまは/わたしたちがすんでいる/ちきゅうを/おつくりになりました。/とりもさかなも くさやきも/おひさまも/おつきさまも おほしさまも/そして/わたしたちもみんな/かみさまが/つくってくださいました。/かみさまは/わたしたちの おとうさま。/どうか/せかいじゅうのひとが/かみさまの/こどもになれますように。/くるしいことや/あぶないことから/まもってください。/そして みんななかよく/たのしく くらすことが/できますように。 *Aのお当番さんが一節ずつ先唱し、他の子どもたちが、そのおいのりのことばをくりかえします。

         《ラウダート・シ 宇宙の賛歌》 小郡カトリック教会聖堂2階ステンドグラス

自然とのふれあいを[2020.4.23.]

小郡カトリック幼稚園保護者の皆さま 

今回のウイルスはわからないことだらけで不安が募ります。少なくとも今年度は特別の保育方法を探りながら、子どもたちの成長を育んでいかなければならないでしょう。例年のようにはできないでしょう。/保育の原点に帰って、人間の育ちの法則の原点に帰って、それに基づく保育をしていかなければと思っています。「生きる力」、困難に立ち向かう力を身につけていくことです。人生の土台作りです。/昨日4月22日は「アースデイ」でした。わたしたちの住む地球、「わたしたちの家」のことを想い、大切にする決意を新たにする時でした。地球温暖化をはじめ、地球の環境は目に見えて悪化しています。今回の世界的なウイルスの感染も地球環境悪化と深い関係があると理解しています。今一度、地球(宇宙)環境を大切にする決意を新たにしたいものです。/人間が住む環境になるために40億年以上の時間が必要でした。そのすばらしい環境を今、人が短期間で壊していることは確かです。/このウイルス禍の中にあって、自然だけが喜んでいるようです。空気も水もきれいになり、動物も植物も人間の乱暴な支配から逃れて喜んでいるようです。/今の時を利用してお子さまと一緒に自然に触れてはいかがでしょうか。子どもは「葉っぱ一枚」でも遊ぶことができます。お勧めします。


子どもたちへ

いま おはなや くさや きが とてもきれいです。おうちのかたといっしょにみにいきませんか。

いかがお過ごしですか[2020.4.21.]

小郡カトリック幼稚園の保護者の皆さま

長い春休みが続いています。皆さん、在園児の皆さん、卒園児の皆さん、そして入園を心待ちにしている皆さん、ご家族の皆さんいかがお過ごしですか。幼稚園は5月7日(木)から始める予定で、幼稚園は皆さんが来られるのを待っています。準備も整っています。  今は先生たちも在宅勤務で、日直の先生と事務の先生が幼稚園に来ています。5月6日まで非常事態宣言が出されていて、何かと不自由な日々をお過ごしだと思います。一年でも一番大切な年度末、年度初めの時期にこのようなことになり、いろんなことを思うと心配なことばかりのように思えます。しかし、何とかこの時期を新しい出発のための準備の時間だと考えれば、希望をもつこともできるでしょう。  幼稚園では、この時期を利用して保育の見直しをして、あらためて子どもたちのために一番大切なことは何かを確認しているところです。職員が集まって研修することはできませんが、在宅でネットを通して互いに意見の交換をしながら自主研修をしているところです。  5月以降のことについては今週末には方向性が出されると思いますが、なにより新型コロナウイルス感染の終息を願うばかりです。こういった時期にしかできないことを探りながら、新しい出発の準備を続けてまいります。  ご家族の皆さまにおかれましても、様々な問題や課題があると思いますが、「お子さまとの絆を強める時」として過ごされますように。 ホームページをご覧になられる方は限られていますので、全員の方に連絡するときは、いつものように緊急メールを配信いたします。

子どもたちへ

せんせいたちからの はがきは とどきましたか。おうちにいないといけないので きついでしょうね。 でも、ひとがたくさんいるところでなければ おそとにでて うんどうしてもいいですよ。からだをうごかせば こんど ようちえんにきても いろんなことができるようになります。 はやく ようちえんがはじまればいいですね。たのしみにまちましょうね。 ていねいな てあらいとうがいを わすれないようにしましょう。 じょうずになった てあらいとうがいを こんど ようちえんにきたときにみせてくださいね。ういるすに まけないで みんなげんきで あいましょう。