おしごと(2017.1.12.)

運動は、なにもグランドを駆け回るだけではありません。「おしごと」も大切な運動のひとつと言っていいでしょう。細胞が成長し、神経がつながっていき、筋肉を望むように動かすことができるようになります。それが子どもにとってはうれしいこと。単に「おもちゃ」を与えて自由に遊ばせるだけではあまり意味がありません。ましてや「ゲーム機」では…どこが、どのように発達、成長するのでしょうか。子どもは「おしごと」で大満足します。達成感が深い喜びにかわっていき、自信にもつながります。一人ひとりは、それぞれ発達の段階があります。一斉保育では得ることのできない効果と結果。それはモンテッソーリの教育法で得ることができます。子どもは枯れ葉一枚でも、石ころ一つでも遊び、学ぶことができるのです。

24

2歳児(エンジェルクラス)


20

この手、この指!!!


19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です